短眠について学びあい・実践するオンラインコミュニティ【 短眠会 】の紹介ページです!

「睡眠に悩みたくない」「使える時間を増やしたい」
というアクティブに人生を歩むことを望む方たちのためのコミュニティです。

 

「毎日、起きるのがツライ」
「早起きするつもりだったのにもう昼近く・・・」

そうやって日々、睡眠に悩んでいませんか?

「睡眠に8時間は当てないといけないから、仕事をしてたらあっという間に1日が終わって、副業や家族に使う時間が全く取れない・・」

そうやって日々、時間に追われた生活をしていませんか?

もしですよ

もし、1日たったの3時間睡眠で済むとしたら?
もし、もう睡眠に悩まなくて済むとしたら?

想像するだけで、これからの人生にワクワクしてきませんか?

「いやいや、3時間睡眠ができる生活なんて、生まれ持った遺伝で決まった一部の人間が出来ることでしょ・・。」
そう思う人は多いと思います。

しかし、、、

実は、いわゆるショートスリーパーは「誰でも」「後天的に」なれるんです。
そして、実は、世の中に溢れている睡眠の常識はウソだらけなんです。

興味があれば是非、このページをお読みください。そして、お気軽にお問い合わせください。
あなたの短眠生活を成功させる為に、全力でサポートします!

以下、サロンの詳細についてお話します。ぜひ最後まで読んでみてからお問い合わせを検討下さい。

オンラインサロン『短眠会』のサービス内容

本眠3時間での生活を実践しているYuyaとMasayaがサービスを提供します。

基本的には、参考図書2冊による理論を元にして、YuyaとMasayaのオリジナルの知見を加えた方法を実践していく場です。

参考図書

サービス内容

①コミュニティ(クローズド)内での「環境」

極端なことを言えば、上記で紹介した参考書籍の内容を実践すれば、ある程度の短眠生活を健康的に送ることができます。

しかし、口では言っても、未知なものに1人で取り組むことがなかなか出来ないのが「人間の性」でしょう。
さらに、短眠を成功・継続させる上で、人の力を借りるというのは必須になってきます。

短眠会で提供する、Slack上でのコミュニケーションでは
例えば
・毎日の「短眠日誌」を記入するチャンネルがあり、そこで睡眠時間の報告をし合う
・短眠に関して、さらには栄養や運動についての悩み相談
など、自走しやすくなる環境や、挫折防止となるような環境を提供しています。
(※短眠実践初期時には特に、毎日睡眠の記録をつけることが大切になってきます。)

コミュニティに入ることで、短眠仲間とお互いに活動報告&フィードバックをすることで、短眠達成、そして継続への道しるべになります。

 

②網羅された情報の提供

短眠に関する情報をTrello上にまとめています。

短眠を実践する上で出てくる悩みや、眠気の種類などを整理した状態で提供しているので、気になるタイミングでチェック可能です。
Slack内にあるリンクから飛ぶことができます。

 

③オンライン質問会【月1回】

毎月1回1時間のオンライン質問会にて、短眠とそのための栄養や運動面に関する知識提供や質問を受け付けます。

会員の方ので質問や悩みを聞くことも具体的な経験を知ることになるので、この交流会の参加もかなり参考になるはずです。

ZOOMを利用したオンライン通話にて実施予定です。

 

④朝4時からの朝活「超朝活会」【週6回開催】

日曜日を除く週6回。毎朝4時過ぎから、同じくZOOMを利用したオンライン通話を繋ぎながら朝活を行っています。
(通常の朝活といえば6時や7時からが普通ですが、短眠者にとって朝4時は当たり前。通常よりかなり早い朝活なので超朝活会と名付けました)

超朝活会への参加メリット
・パソコンの画面越しに映る他者を意識することで、目が覚める
・仲間が起きてるから起きなきゃというレバレッジが働いて起床成功率が上がる
・朝の1時間で何ができるか極めていくことで時間の使い方が上手くなる
・朝一番の時間で「やりたかったこと」を終えて肯定感高く1日過ごせる

などなど、これに参加するメリットは計り知れません。
メンバーが増えてきたら、複数の時間帯で実施していく予定です。

朝の支度をする人、勉強をする人、仕事をする人、副業をする人、それぞれ思い思いの時間を過ごして、5時になったら一緒に『HIIT』(ヒット)という4分間の筋トレ運動を行って解散しています。

 

⑤朝6時からの朝活会「めざろく」無料参加

短眠会参加者の方は、uhaveが提供する朝活コミュニティ「めざろく」に無料招待します!

日曜を除く毎朝6時〜朝活会を行っています。一般向けと違い、入会費・月額費は掛かりません!
詳細は、以下の案内ページを参照下さい。

個別相談(3ヶ月継続加入)

短眠会に3ヶ月継続して加入された方には、短眠のプロとの個別相談(1時間分)をプレゼントいたします。

月一のオンライン質問会では、人数や時間の都合もあり相談しきれない事がどうしても多くなってしまいます。
通常、パーソナルトレーニング申込者にしか個別相談を乗っていませんが、こちらのコミュニティのみに加入した方にも3ヶ月に1回、個別相談の機会をプレゼントしています。

 

⑦様々な「追加オプション」をご用意

 

【追加オプション❶】短眠パーソナルトレーニング

短眠において、特に初期時はうまくいかない場合が多く、1人で行おうとすると挫折しがちです。
それを回避できるように

・uhaveが作ったオリジナルのプログラムと教材を元に短眠を学びながら
・週に一度、オンラインで繋いで、悩み相談と解決を図り
・さらにコーチングの手法を用いてマンツーマンで

徹底的にサポートします。
その人の生活リズムや悩むポイントをヒアリングした上で、個人に応じた対応でより確実に進目ていくことができます。

以前まで8〜9時間睡眠だったのに、すでに3時間の短眠を成功&継続させている会員の方もいます。

詳細は以下

<補足>
 ※3ヶ月は短眠会の参加費が無料になります。
 ※90日間のパーソナルトレーニング後も短眠会継続希望の場合は、月3,000円で継続可能です。
  (通常価格10,000円/月)

 

【追加オプション❷】上級者向けプラン

また、このコミュニティーでは「上級者向けプラン」もご用意しております。
こちらは、本眠を3時間よりも短くしたい人向けで、より深く難しい内容を取り扱います。

◆上級者向けプラン(別途月2000円)
  • 本眠90分実践者(たいぞー氏*)からの直接指導
  • 月に一度の食事会での情報交換(福岡開催、実費参加)

※上級者向けプランの収益は、さらなる学習のため(栄養・トレーニングのセミナー・講座代・書籍代として利用し、参加メンバー様に知識として還元いたします。
 
*たいぞー氏:驚異の「90分睡眠」を確立し、短眠に対する実験として、数十種類ものサプリを試してきた短眠と栄養のプロ。Yuya&Masayaのアドバイザー。

オススメできる人/できない人

★こういう人にオススメ★

・早起きができるようになりたい

・時間がいつも足りない

・仕事で趣味に費やす時間がない

・毎日9時間も10時間も寝てしまう

・睡眠不足で悩みたくない

 

こういう人には微妙かも・・

・特に時間に追われていない人
・長時間寝ることに幸せを感じている人
・プロテインやサプリを買うお金がない人
・月額10,000円も払いたくない人

・完全サポート型のプログラム「3hours」のほうが良さそうな人

 

※入会の前に、一度オンラインにて詳細をお伝えしますので、こちらからの連絡をお待ちください。
 必ず有効なメールアドレスにしておいてください。

 

「ショートスリーパー」は誰でもなれる?

ショートスリーパーになれるのは、遺伝ですでに決まっている一部の人だけなんじゃないの?と思われている方が多いと思いますが、実はそんなことはありません。

「誰でも」「後天的に」ショートスリーパーになれます。
必要なのは、睡眠に対する正しい知識と常識を疑う視座

「ショートスリープ」の意味は、単に 睡眠時間を削ること”ではありません
何の知識や対策も無しに、やみくもに睡眠時間を減らすのでは、ただただ辛いものになります。

また、短眠=健康被害、をイメージする方も多いと思いますが、全くの逆。
短眠を取り組む過程の行動で、体は健康そのものに向かっていきます。

試しに「睡眠時間を減らす」のではなく「活動時間を増やす」ことを目的に、短眠に取り組んでみませんか?

このサロンであなたの短眠実践のサポートを行います。

▼noteに「短眠」については分かりやすく書いています。

やりたいことがたくさんある人へ。健全な「短眠」のススメ【短眠に半年取り組んだ僕の体験談+移行ステップ付】

運営者からひとこと


Masaya(@masayamuko)
30歳 フリーランスのITコンサルタント&NPO職員

短眠を始めて良かったことは年で1000時間以上の時間を手に入れ、心に大きな余裕が生まれたことです。

それまで盲目に「8時間寝ないと寝不足」と思い込んでいて睡眠に関して本気で疑ったことがありませんでした。時間を作り出すため、IT活用での仕事を中心としたあらゆるものの「効率化」にばかリ目を向けてきました。そんな中、短眠を知って取り組み始めたところ1か月のうちに本眠3時間に!毎日4時間以上もの時間が生まれ、どんな効率化でも無理だったこれだけの時間を作れることに感動!間違いなく、去年取り組んで一番良かったことがこの短眠です。

短眠はただ単に睡眠時間を削るということではありません。「睡眠」について深く学び取り組んでいます。そしてそれを安定させるために栄養素の勉強やジムでの筋トレも始め知識をつけいて、どんどん健康になっていることを確信しています。自分の活動時間と健康寿命が長くなり、将来的に大きな投資となっていることと思います。


Yuya(@sanktuali)
29歳 フリーランスの動画編集者

僕は長年、睡眠というものに悩まされてきました。

朝、起きるのが辛い。早起きして活動しようと思っていたのに起きたら昼近くだった。1日の多くの時間が睡眠に取られてしまっている・・。

そんな「睡眠」や「時間」に悩まされてきた時に「短眠」という存在を知り、友人と一緒に取り組むことに。短眠に取り組んで得たものは「圧倒的な長さの時間」でした。

「睡眠不足」というものに悩む必要も無くなったし、仕事に費やす時間、趣味に費やす時間が増え、栄養や筋トレも加わり健康的にもなってきました。間違いなく人生の豊かさが増していると言えます。

まだまだ失敗して、二度寝してしまったり、8,9時間寝てしまう時もあります。でもそんな状況でも翌日にはしっかりと短眠を継続できているのは、一緒に取り組む仲間がいるからでした。短眠に必要なのは、必要な情報だけでなく継続しやすい環境が大事です。短眠という超マイノリティな存在を前に、相談できる人がいるといないとでは天と地の差があるでしょう。その手助けとなるコミュニティを一緒に形成していきませんか?

『短眠会』サービスまとめ

■ 参加費用

月額 10,000円

※7月より値上げしました

■ 参加までの流れ

お問い合わせ

ページ下部にある「お問い合わせ」よりお気軽にご連絡ください。

STEP
1

メールが届く

2日営業日以内にuhaveからご返信させていただきます。
それを元にオンライン面談の日程調整をお願いします。

※招待メールが2日以上経っても届かない場合、お手数ですが再度ご連絡ください。

STEP
2

オンライン面談

・会の趣旨の説明
・会の使い方(Slack&Trello)
・短眠への考え方や目標設定
・免責事項の説明

上記のことについて、お話させていただきます。

STEP
3

参加費を決済

面談で納得いただけた方は、会費のお支払いをいただいてます。

STEP
4

Slackへの案内・各種ツールへの権限追加

STEP
5

Slack内での自己紹介からスタート

まずはコミュニティー内で自己紹介をすることからスタートです。
その後どんどんご活用ください。

※入会の前に、一度オンラインにて詳細をお伝えしますので、こちらからの連絡をお待ちください。
 必ず有効なメールアドレスにしておいてください。

※退会の際は運営担当者まで必ずご連絡ください。Slackから抜けただけでは定期決済は停止されません。